日本スキー学会2013年度研究会講演論文集

※会員専用ページのため、講演論文集の閲覧にはパスワードが必要です.
パスワードは会員インフォメーションメールにて通知しております.
本件に関するお問い合わせは、次のアドレスへご連絡ください。 admin@js3.jp

講演論文集全文(PDF

講演番号① アルペンスキーにおけるタイム分析について PDF
       ○竹田 唯史(北翔大学),近藤 雄一郎(北海道大学大学院教育学研究院)

講演番号② FISGSレースにおけるターン軌道に関する研究 PDF
           ○堀田 朋基(富山大学),井口 文雄(富山県総合体育センター)

講演番号③ 勝利のためのターンの技術とその理論 PDF
                        ○尾原 和夫

講演番号④ アルペンスキーにおけるスキーヤーの動作のキネマティクス的分析 PDF
                        ○三浦 哲(新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター),三浦望慶 (ヘルス&アクティブエイジング研究所)

講演番号⑤ スキースクールにおけるレースポイント評価法の実践有益性に関する一考察 PDF
            ○塚脇 誠

講演番号⑥ 小型力センサを用いたスノーボード用雪面反力計測システムの開発に関する研究 PDF
                        ○近藤 亜希子(秋田大学),西川 太朗,廣瀬 圭,土岐 仁

講演番号⑦ 実滑走におけるスキーヤーのばね・減衰係数推定に関する研究 PDF
              ○廣瀬 圭(秋田大学),土岐 仁,近藤 亜希子

講演番号⑧ ACL再建術後の競技復帰に関する研究 -不安、PTGの観点から- PDF
                        ○高村 直成(中央大学)

講演番号⑨ アルペンスキー選手に必要な伸張-短縮サイクル運動における筋力発揮特性の評価法についてPDF
                   ○星野 宏司(北星学園大学)

講演番号⑩ スキースポーツ指導における価値協創型指導の有効性分析PDF
                         ○今野 浩子(慶應義塾大学),保井 俊之白坂 成功,高野 研一

講演番号⑪ Inclined-Poleを利用した回転競技トレーニング -Short-Pole との比較-PDF
                         ○伴 好彦(武蔵野短期大学)

講演番号⑫ ボード学習における感覚用語の使用に関する考察PDF
                        ○金子 和正(東京家政学院大学)

講演番号⑬ マスターズアルペンスキー選手の特徴について(第1報)PDF
                          -性別,年代別,地域別の競技人口の実態-
                         ○山根 真紀(至学館大学短期大学部)

講演番号⑭ 中国のスキーブームとスキー場開発 ―中国長春市の実例を中心に― PDF
                         ○陳 麗華(至学館大学短期大学部)

講演番号⑮ 1940年幻の札幌オリンピック招致についてPDF
                         ○新井 博(びわこ成蹊スポーツ大学)