日本スキー学会学会誌Vol.9 No.2 1999

日本スキー学会10周年記念誌

  • 目次、2
  • ご挨拶、6
  • 写真で見るスキー学会10年、水沢利栄、46
  • スキーに関する研究動向と今後の展望、井村仁、57
    (1)歴史的研究、中浦皓至、59
    (2)バイオメカニクス的研究、池上康男、63
    (3)方法学的研究、森本信雄、67
    (4)スポーツ医学的研究、上杉雅文、72
    (5)社会・心理学的研究、深澤宏、78
    (6)経営学的研究、稲木隆憲、83
    (7)工学的研究、長谷川健二、87
    (8)障害者スキー研究、土岐仁、91
  • 研究論文
    1. アメリカのスキー場における安全管理について一ユタ州を中心として一、赤井利男、95
    2. スキー場における自然環境問題、建元喜寿・中村徹、109
    3. スキー場周辺の雪型に関する研究、山田高嗣、117
    4. 地方における小規模スキー製造販売業に関する研究 昭和初期福井県の廣川・中西スキー制作所について、新井博、127
    5. 5札幌の中等学校スキー部の創設とその活動についての研究一北大スキーと共に札幌スキーを発展させたもう一つの源流一、中浦皓至、139
    6. アルペンスキーの英語の原典に関する研究-E.C.RichardsonのSKI=RUNNINGについて一、池田弘・中浦皓至、151
    7. アルペンスキーパフォーマンステストにおける筋代謝能について、星野宏司、169
    8. スキー研究の軌跡 2.水平面への角付け角、佐橋稔雄・市野聖治、179
    9. アルペンスキーロボットの開発一支え棒付き1本スキーによる連続・自動・切れ込み回転モデルー、清水史郎・長谷川健二、185
    10. スキーブーツの研究一スキーブーツを選ぶ基準と締め付け(圧迫値)について一、西垣昭・松林幸一郎・大北文生、191
    11. 縦のゲレンデスペースを使用したアルペンスキー指導法、塚脇誠、199
    12. 初心者・初級者を対象としたパラレルターンの技術指導について、竹田唯史、211
    13. スキーのイメージに関する研究一スキー環境に恵まれない地域を対象として一、市河勉・三宅孝昭、223
  • 学会会則、233
  • 学会役員、235
  • 学会大会・研究集会の歩み、236
  • 会員名簿、237