日本スキー学会学会誌Vol.9 No.1 1999

日本スキー学会第9回大会論文集

  • ご挨拶、長谷川健二副会長、1
  • 目次、6
  • プログラム、10
  • スナップ、12
  • 大会役員組織図 、14
  • 講演要旨
  • 基調講演 「スキー工学とその応用」、長谷川健二(福井大学)、15
  • 特別講演 「スキーロボットが教えてくれたこと」、清水史郎(福井大学)、27
  • シンポジウム  「スキー製造技術の変遷とスキー滑走評価」、35
    1. 坂田敏行(中部大学 工学部 機械工学科 教授)
    2. 島田享久(長野工業試験場 製品科学部 部長)
    3. 平野克巳(小賀坂スキー製作所 開発部 部長)
  • 研究論文
    1. 両下肢障害者用スキーの開発(実機による滑走試験)、土岐 仁、平本和彦 小貫陽一、西村信三 、39
    2. 長野パラリンピックに向けた両下肢障害者用スキー「チェアースキー」の開発、沖川悦三、宮本 晃、 田中 理、飯島 浩、古川久四、久保 潔、福井 巧、47
    3. 第18回オリンピック冬季競技大会1998長野アルペン白馬会場の雪質調査、柳沼力夫、金田建夫、菊地 誠、57
    4. スキー研究の軌跡、佐橋稔雄、市野聖治、67
    5. スキーのターンの解析、澤井達夫、村中貴幸、79
    6. ターン時の両脚荷重と片脚荷重、尾原和夫、87
    7. 大学スキー実習における選択制導入の試み-平成9年度S大学教育学部集中講義「スキー」を事例として-、福島邦男、野沢 巌 平野智之、95
    8. 日本スキー史の検証[第2報]小樽におけるスキー草創期の研究、中浦皓至、池田弘一、青木文男、109
    9. アルペンスキーヤーの技能レベルから見た脚伸展筋力・パワーおよびステッピングにおける両側性機能低下について、中川直樹、外谷かおり吉武 裕、山崎省一、八島健司、木村靖夫、121
    10. 深田久弥のスキー文学、多賀谷真吾、129
    11. ニセコ春の滝で発生した雪崩(1998.1.28)調査報告、山田高嗣、八久保晶弘根本征樹、海原拓哉、James McElwaine、 西村浩一、新谷暁生、141
    12. 樺太におけるノルウェー式スキー術の導入と普及について-金井勝三郎の大正4年から大正6年における活動を中心-、新井 博、151
    13. 日本の風土に適したスキーの探究、田中悌介、163
    14. スノースポーツにおける安全対策について -スキーヤー、スノーボーダーの衝突分析-、清水幸子、三浦望慶、171
    15. 春山スキーに関する研究-転倒回数と滑降時間について-、大橋正春、植木 毅、長井健二、菅原健雄、185
    16. ジュニア・クロスカントリースキー選手の体力と有酸素トレーニング強度、岩瀬真澄、三浦望慶、藤縄 理、193
    17. 誰もが安全に楽しく確実に技能が向上するスキー指導について(5)-超スキー練習法の特徴について-、野沢 巌、209
    18. アルペンスキー選手のトレーニング-台跳び運動の生理学的特性-、山根真紀、田村真一、柳 等、友末亮三、221
    19. ターンに利用できる力、池原 等、229
    20. スキー学習サポートシステムにおける試み-運動・操作分類法の応用-、森本信雄、益田誠也、国見保夫、233
    21. スキーヤーとスノーボーダーの共存に関する意識調査、矢部喜一、水沢利栄、243
    22. 初心者スキーヤーにおけるスキー操作の理解について-プルークボーゲンのスキー操作と姿勢イメージの関連-、金子和正、251
      <投稿論文>
    23. アルペンスキーロボットの開発 -股関節の内転と外転による連続自動回転モデル-、清水史郎、長谷川健二、261
    24. 雪形という視点から見たスキー場の景観、山田高嗣、国際雪形研究会メンバー、267
  • 学会会則、279
  • 学会役員、281
  • 学会大会・研究集会の歩み、282
  • 会員名簿、283