日本スキー学会誌 第23巻 第1号 (2013年9月)


会長挨拶                              土岐仁

第23回大会実行委員長「第23回大会を終えて」     山根真紀 

第23回大会特集

プログラム

大会役員組織図

スナップ

基調講演

  「アルペンスキー競技に今何が必要か-これまでの成果と今後の課題-」

児玉 修 ((株)オガサカスキー)

教育講演

  「アルペンスキー選手の動作分析-高校生・大学生のレースを中心として-」

堀田朋基(富山大学)

シンポジウム

  「オリンピアンからのメッセージ

~私がしてきたこと,これからして欲しいこと~」

コーディネーター・指定討論者

 山根真紀(至学館大学短期大学部)

 三浦 哲(新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター)

シンポジスト   平澤 岳(アルペンスキー)

 横山寿美子(クロスカントリースキー)

 野田鉄平(フリースタイルスキー モーグル)

研究論文

1.高校スキー選手の外傷・障害調査

  佐藤照友旭(日体大総合研究所・順天堂大学)、土屋陽祐(明治学院大学)、櫻庭景植

(順天堂大学)、相原博之(東海大学)、武藤芳照(日体大総合研究所)、越智英輔

(明治学院大学)

2.スキー専用スキー場における傷害傾向

  浅井泰詞(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科)、阿部久貴(東京工科大学 教養学環)、

北 徹朗(武蔵野美術大学 身体運動文化研究室)

3.冬季オリンピック(1992)・仏・アルベールビル・スラローム選手の「滑走速度と滑降方法」について,選手による違い,上

 佐橋稔雄、古田拓(愛知スポーツ物理学研究所)

4.冬季オリンピック(1992)・仏・アルベールビル・スラローム選手の「滑走速度と滑降方法」について,選手による違い,下

 佐橋稔雄、古田拓(愛知スポーツ物理学研究所)

学会からのお知らせ・報告

新事業について

学会会計報告・予算

次回 日本スキー学会24回大会案内

学会会則

学会役員

スキー研究投稿規定

学会大会・研究集会のあゆみ

編集後記