日本スキー学会誌 第19巻 第1号 (2009年9月)


第19巻目次

会長ご挨拶                      清水 史郎

第1回 日本スキー学会論文賞選考結果と表彰報告    井村 仁                  

第19回大会特集

大会委員長挨拶                               

プログラム

スナップ

大会役員組織図

基調講演

『スノースポーツの多様化に対応した学習・指導-多様化における共通性と特殊性-』

    三浦望慶(仙台大学)

シンポジウム(2009年FISフリースタイル世界選手権猪苗代大会記念シンポジウム)

『スノースポーツの多様化と学習・指導-

世界選手権に向けた取り組みと今後の学習・指導-』

コーディネーター

山根真紀(日本福祉大学)

三浦 哲(新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター)

シンポジスト

高野弥寸志(全日本スキー連盟ナショナルチーム・フリースタイル・ヘッドコーチ)

松井陽子(日本オリンピック委員会,全日本スキー連盟ナショナルチームフリースタイルエアリアルジュニアコーチ)

上野 修(モーグルスキー選手・チームリステル)

田原直哉(エアリアルスキー選手・徳州会)

ワークショップ

(1)フリースタイルスキー紹介と体験: 福島県スキー連盟フリースタイルスキー部

フリースタイルスキー紹介と体験に参加して 伴 好彦(武蔵野短期大学)

(2)スノーシューでの自然体験: SIAグランデコスノーアカデミー校長 金子治仁

ワークショップに参加して   宮 武博(ハンターマウンテンスノーアカデミー)

(3)ノルディックウォーキング:   三浦望慶(日本ノルディックフィットネス協会会長)

     ノルデックウォークキングに参加して 井上アヤ子(創価大学)

連載

スキー史研究の醍醐味(4)                

    高明治44-45年の日本スキー発祥に関する文献批判 

-レルヒによる4回のスキー講習会を検証する-  中浦 皓至

研究論文

1. 高田と小千谷における第4回スキー講習会の参加者について 中浦 皓至

2. 4本スキーモデルと4輪車モデルの類似性 清水 史郎,長谷川 健二

3. スキーターン中のエッジング荷重に関する考察    坂田 敏行,奥村 亮,細川 健治 

4. 実滑走時のスキー振動とヒトEMGの同時計測システムの構築

塩野谷 明,畠 圭佑,西條 暁里,今村 啓,山本 晋平

5. ターン運動の力学的機構Ⅰ - 力学的機構の二重拘束斜面による考察-    三井田 達雄

6. 冬季オリンピックの解析の試み -仏・アルベールビル・1992の回転滑降-    佐橋 稔雄

7. ズレ・ターン滑降の機構         佐橋 稔雄

8. 滑降するスキーの自転運動の機構    佐橋 稔雄

学会会則

顕彰規定

学会役員

学会大会・研究集会のあゆみ

学会誌投稿規定

編集後記