日本スキー学会誌 第18巻 第1号 (2008年8月)


第18巻目次

会長就任のご挨拶                      清水 史郎

会長退任のご挨拶                      坂田 敏行

第18回大会特集

大会委員長挨拶

プログラム

スナップ

大会役員組織図

基調講演

「速く滑る! ~オリンピックアスリートはこう考える~」

      木村 公宣(木村公宣スキースクール)

シンポジウム 「速く滑る! ~スキーと雪の科学~」

コーディネーター 多田 憲孝(新潟工業短期大学)

     「スキー滑走の抵抗と雪面との摩擦」

         対馬 勝年(富山大学)

     「科学から見たスキーの滑走生 ~摩擦測定を基礎に~」

仁木 國雄(電気通信大学)

     「スキーのターンと雪面抵抗力」 

多田 憲孝(新潟工業短期大学)

  「ワックスの働きとワクシング技術」

         工藤 博幸(ドウワガリウムワックス販売)

     「速く滑る! ~スキーヤーの動作の科学~」

         三浦 哲(新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター)

ワークショップ 

(1) 雪氷観測会:ゲレンデの雪質を探る

佐藤 篤司(防災科学技術研究所・雪氷防災研究センター)

坂谷 充(筑波大学大学院)

(2) スキー技術講習会:速く滑るテクニック  小林 平康(中里スキー学校)

坂手 比呂志(雪上スポーツ・レジャー研究会)

(3) ワクシング技術講習会    工藤 博幸(ドウワガリウムワックス販売)

「ワクシング技術教習会」に参加して    吉川 昌則(青森大学)

連載

スキー史研究の醍醐味(4)                

   高田における日本スキー発祥史の再検討 

-明治44年の第1回スキー講習会を中心に-    中浦 皓至

研究論文

1. Der Winter誌における高田からのレルヒの報告について    池田 弘一

2. スキー場オフィシャルウェブサイトで示されるイベント情報の分析

  北 徹朗,堀江 繁

3. スキー指導におけるイメージ共有のためのオノマトペを用いた指導アイデア

               高橋 保則,坂手 比呂志,来田 宣幸

4. スキー滑降の軌跡を描く1つの方法        佐橋 稔雄,市野 聖治

5. カービング・ターン・スキーヤーの重力の加速度成分      佐橋 稔雄

6. ウエーデルンとパラレル・ターン   佐橋 稔雄,市野 聖治,角田 和代

7. 「スキー操作」におけるエッジング荷重に関する考察

                    坂田 敏行,奥村 亮,河合 茂博

8. ジャンプスキー実飛行時の振動計測  -雪上シャンツェとオールシーズン

シャンツェにおけるジャンプ着地時の衝撃加速度の違い- 

塩野谷 明,西條 暁里,小林 俊雄

学会会則

顕彰規定

学会役員

学会大会・研究集会のあゆみ

学会誌投稿規定

編集後記