日本スキー学会誌 第16巻 第1号 (2006年8月)


第16巻目次

会長ご挨拶                           坂田 敏行

第16回大会特集

プログラム

スナップ

大会役員組織図

基調講演

「時と風雪の彼方に耳を澄ませて ~八甲田山雪中行軍遭難から~」

           平井 憲治(八甲田ボランティアガイドクラブ代表)

パネルディスカッション「アルペンスキー 進化する技術・不変の技術」

コーディネーター:山根 真紀(財団法人スポーツ医・科学研究所)

清水 史郎(福井大学)

竹田 唯史(浅井学園大学)

伴  好彦(武蔵野短期大学)

ワークショップ ゲレンデ発表報告

  「アルペンスキーヤーに向けたテレマークスキー指導法」

             高橋 俊哉(弘前大学),棟方 達也(弘前学院大学)

  「カービングターンの指導方法について 1」  竹田 唯史(浅井学園大学)

  「カービングターンの指導方法について 2」  伴  好彦(武蔵野短期大学)

参考資料              海和 俊宏(カイワスポーツクリエイティブ)

連載

スキー史研究の醍醐味(2)                

  上原勇作と旭川のスキー前史               中浦 皓至

研究論文

1. プルークボーゲンとカービングターン -横ずれと切れ込みによるターン技術の

力学的比較-            長谷川 健二,清水 史郎

2. スキーヤ姿勢に及ぼす曲げモーメントの影響    坂田 敏行,柳瀬 貴弘

3. スキー実滑走中の振動解析と振動模擬シミュレータ   塩野谷 明,西條 暁里,

              緒方 賢一郎,小林 俊雄,綿貫 雅也,山本 晋平         

4. ジャンプスキーの実飛行を想定した振動測定について     

                   小林 俊雄,西條 暁里,丸山 泰広,塩野谷 明,

5. 大正時代における大湊要港部の海軍スキーについて         中浦 皓至

6. スキー・スノーボード実習の連続受講が,身体疲労及び自覚症状に与える影響

                                            佐藤 智明

7. 北方圏における冬季スポーツに関する研究(第1報)

      中浦 皓至,三浦 哲,竹田 唯史,小林 規,多田 憲孝,三浦 望慶

8. 北方圏における冬季スポーツに関する研究(第2報)

      小林 規,多田 憲孝,中浦 皓至,三浦 哲,竹田 唯史,三浦 望慶

学会会則

学会役員

学会大会・研究集会のあゆみ

学会誌投稿規定

編集後記